ABOUT US
同志社スポーツユニオンとは

会長・理事長挨拶

会長ご挨拶

平素より同志社スポーツユニオン4万人の会員(体育会51部のOB・OG)の皆様には同志社スポーツへの多大なるご支援を賜り衷心より厚くお礼申し上げます。

さて、2020年度は新型コロナウイルス感染拡大によりすべての競技において長い期間練習することさえできませんでした。しかしながらこの苦境の中、体育会学生諸君は感染拡大防止策をとりながら創意工夫をもって努力を続けられました。敬意を表したいと存じます。現在もなお予断を許さない状況は継続しておりますが、同志社の精神、新島先生の精神、スポーツユニオンの精神で乗り越え、大いに活躍されることを願っております。
また、本年4月希望に燃えて同志社大学にご入学された新入生の皆様、誠におめでとうございます。同志社の自由な校風の中、自主自立の精神で体育会活動に励まれ、各自がこの4年間で果たすべき目標を立て地道に努力を重ね大きな成果をあげていただきたいと思います。そして勉強においても人格形成においても精進され、立派な同志社人になられることを願っております。

同志社大学においては、一昨年2019年10月に「同志社大学スポーツ憲章」が制定されました。弊会の「同志社スポーツユニオンビジョン2025」と共に大学と連携し、皆様と共に良心教育の発展と深化を目指していきたいと思います。
同志社スポーツユニオンとしても何が求められ、何をすべきか、そして何ができるかを検討しながら活動を進めて参ります。

最後になりますが、学校法人同志社、同志社大学の益々のご繁栄とご発展をお祈りいたしますとともに、改めて皆様の同志社スポーツへのより一層のご支援をお願い申し上げます。
そして本年も東京オリンピック・パラリンピックのみならずあらゆる競技において同志社スポーツが活躍する素晴らしい年となることを祈念いたします。

2021年4月
同志社スポーツユニオン会長
豊原 洋治
理事長ご挨拶

ご入学おめでとうございます・強い同志社スポーツを目指して


新年度を迎えるにあたり、大きな希望を胸に同志社大学へご入学されました新入生の皆様誠におめでとうございます。

体育会各部に入部された新入生の皆様は今後四年間の文武両道でのご活躍と課外体育活動を通じて、同志社人としての人格の形成を育まれることを期待いたします。新型コロナウイルスの影響で課外活動も十分に行えない情況ではありますが、一人一人が不撓不屈の精神で創意工夫をもって国際舞台での活躍、全国制覇を目指されることを祈念いたしております。

同志社スポーツユニオンは2019年に創立65周年を迎えましたが、全国的な現役へのサポート体制強化を行っております。その一環として関東支部を2004年に設立、東海支部は2010年に設立され全国的な体制を整えて支援しております。2009年1月には京都本部にて平成卒業年代を中心とした将来の同志社スポーツを担う方々で青年幹事会が発足され、さらに2018年11月に第2期青年幹事会が設立されています。また数々の輝かしい歴史を後世に残すために2020年3月に歴史書「同志社スポーツのあゆみ」、体育会卒業生の証である「同志社スポーツユニオン名鑑」を発刊致しました。

同志社スポーツユニオンの使命は、単にスポーツの強化のみならず校祖新島襄先生の同志社建学精神である良心教育に基づき知育、徳育、体育のバランスのとれた世界に通用するアスリートの育成、また世界に通用する人物の育成、社会貢献ができる同志社人の輩出であります。

特に道徳に重きをおき「強くて勝てる同志社スポーツ」、多くの同志社人に勇気と感動を与える「愛される同志社スポーツ」を皆様とともに目指します。
現役学生をご支援いただく関係各位におかれましては平素よりの物心両面のサポートに深く感謝いたしますとともに、より一層の同志社スポーツへのご指導、ご鞭撻をお願いいたします。

2021年4月
同志社スポーツユニオン理事長
藤原 卓也

現役の活躍

当会ウエブサイトに別掲載

「同志社スポーツユニオン」活動について

当会は1954(昭29)年にOB連盟として発足し、2019年6月で創立65周年を迎えお祝いの行事を行いました。北村名誉会長はじめ佐野最高顧問、濱最高顧問は活動方針の提唱、当会関東支部、東海支部の設立に藤原理事長とともに尽力されました。活動方針と最近の総会、祝勝会でのトピックスを次に揚げさせていただきます。

活動方針

  1. 強くて勝てる同志社スポーツ
  2. 人をつくり育てる同志社スポーツ
  3. 楽しく友情を深められる同志社スポーツ

クラブの三原則

  1. 正しい言葉使いと礼儀作法を身に付けること
  2. 自ら考え進んで機敏な行動をとること
  3. 約束事の履行とモラルの高揚および時間厳守

同志社スポーツユニオンが提唱する「同志社スポーツの3F精神」フェアプレー・フレンドシップ・ファイティングスプリット

スポーツの精神と言える言葉であり、同志社大学体育会としていつの時代にも通用する理念です。スポーツによりフェアプレーの精神を学び、目標に挑戦するファイティングスピリットの重要性を知り、フレンドシップがいかに大切かを知ることが「3つのF」です。

同志社スポーツ・オリンピックへの期待

同志社スポーツは1932年ロサンゼンルスオリンピックから2016年リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックまでの冬季五輪含むのべ19大会において延67名のオリンピック選手(合計11個のメダル)を輩出し、あらゆる競技において世界選手権、アジア大会において輝かしい成績を残した選手がたくさんおられます。現在も現役学生、卒業生ともに日本代表として多くのアスリート、指導者を輩出しております。2021年7月に延期されました東京オリンピック・パラリンピックにおきましても現在多くの同志社アスリートがチャレンジしております。期待したいと存じます。

歴代オリンピック出場者

当会ウエブサイトに別掲載

WEBサポーターのご案内