TOPICS
トピックス
2024年6月10日

2024年度同志社スポーツユニオン 第1回総会  創立70周年記念祝賀会 開催

6月1日(土)、ホテルオークラ京都において、2024年度同志社スポーツユニオン第1回総会が開催されました。

当日は、学生支援センター所長の飯田 健先生、体育会長の植田宏文先生、河村秀明学生支援機構スポーツ支援課長様ご出席の下、体育会各部の監督、コーチをはじめ各部OB・OG会役員等、約180名が参加し議案の審議が行われました。議事はスムーズに進行し、支部および委員会からの活動報告、OB・OG会長会からの報告に加え、学生支援機構スポーツ支援課 河村課長様からもお話をいただきました。

その後、豊原洋治最高顧問の講評と、濱直樹最高顧問の挨拶で閉会となりました。

 

続いて、同会場で「同志社スポーツユニオン創立70周年記念祝賀会」が催されました。

同志社スポーツユニオンは、1954年にその前身である「同志社スポーツOB連盟」として活動を開始、以来大学と連携し、体育会の強化と各部に所属する学生への支援、サポート体制構築に邁進してまいりました。今年、記念すべき創立70周年を迎え、祝賀会を開催する運びとなりました。

当日は立命館スポーツフェロー、関西大学体育OB・OG会、関西学院大学体育会同窓倶楽部、甲南摂津会の役員の方々、八田英二総長・理事長、小原克博大学長をはじめ多くの来賓の方々および大学関係者をお迎えしました。また体育会各部からは部長先生および監督・コーチ、OB・OG会長、OB・OGが出席、校友会等大学卒業生組織、学内諸学校関係者、報道関係者などにもご出席いただき、総勢約350名の方々が一堂に会し、弊会顧問会議長である裏千家前家元 千玄室大宗匠ご臨席のもと、盛大に執り行われました。

祝賀会は経済学部長 横井和彦先生の祈祷で始まり、藤原卓也スポーツユニオン会長から開会の挨拶がありました。続いて八田英二総長理事長より、「70年の長きにわたりスポーツを通じた人材育成に力添えいただいている同志社スポーツユニオンに感謝を申し上げる。今年はオリンピック・パラリンピックが開催されるが、同志社の選手の活躍を通じて校祖新島襄が目指した知育徳育体育に優れた人材を育成するという同志社の理念が広く社会に理解されることを期待している」と祝辞をいただきました。

次に小原克博大学長から祝辞をいただきました。はじめにご自身が幼少期からの様々な体験を通じてスポーツの大切さを実感されたことを具体的にお話になり、「競技力向上にとどまらず知育徳育体育を備えた学生育成にとって、スポーツは大変重要な役割を持つ。同志社スポーツユニオンと本学の関係をしっかりと築き、手を取り合って進んでいきたい」と述べられました。

次に、顧問会議長である千玄室大宗匠からご挨拶がありました。

馬術部で活躍された当時のお話をお聞かせいただき、「こうして多くの方にお集まりいただき、70周年を祝えることをうれしく思う。同志社のスポーツは、すべて応援している。私も協力するのでみなさんも選手の育成に力を発揮してほしい」と激励の言葉を述べられました。

 

その後、功労者表彰が行われ、当日出席された豊原洋治氏(バドミントン部/1964年卒)、大日常男氏(山岳部/1970年卒)に藤原会長から記念の盾が送られました。

そして豊原洋治最高顧問の乾杯の発声で宴が始まりました。

歓談中にはパリオリンピック出場を決めたフェンシング部OGの吉村美穂さん(2020年卒)、パリパラリンピック出場のアーチェリー部OB上山友裕さん(2010年卒)からのメッセージ動画が披露され、出席者から声援が寄せられました。

また、元体育会長で社会学部名誉教授の沖田行司先生から激励のお言葉と、濱直樹最高顧問から各部、選手への応援のことばが述べられました。

その後、同志社大学應援團による演舞が披露され、会場は大いに盛り上がりました。

そして、稲田秀一 同志社大学應援團OB・OG名誉会長のリードのもと、一同でカレッジソングを斉唱し、小栗成男 同志社スポーツユニオン副会長の閉会の言葉で祝賀会は閉会しました。

同志社スポーツユニオンは今後も大学と連携し、体育会の強化と各部に所属する学生への支援、サポート体制構築に努めてまいります。

 

同志社スポーツユニオン編集局

WEBサポーターのご案内