トップページ > トピックス

平成12年商学部卒柔道部OB、各務耕司愛知県警察警部補が、2019年7月23日、東京都内で行われた文部科学大臣顕彰および表彰式において、国際競技大会優秀者等表彰を受けられました。国際競技大会優秀者等表彰は、世界選手権・アジア大会・世界ジュニアで優秀な成績をおさめた選手とその指導者に贈られるもので、各務氏は全日本柔道男子ジュニアのコーチをお努めです。東京での世界選手権、オリンピックを控え、選手と共に勝つために何が必要かを常にお考えの各務コーチの益々のご活躍を期待したいと思います。

下楠 昌哉 柔道部部長・文学部教授
全日本柔道連盟のHPの当該ページは以下
http://www.judo.or.jp/p/49585

以下の写真の最後列向かって左から5番目、背は高くないけれど微妙に目だって見えるのが各務氏。 http://www.judo.or.jp/p/49585/%e5%84%aa%e7%a7%80%e8%80%85%e7%ad%89%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e3%80%81%e5%9b%a3%e4%bd%93%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e5%8f%97%e7%ab%a0%e8%80%85

「関東同志社スポーツユニオン代表者会議・懇親会」開催

| トラックバック(0)
去る令和元年7月6日(土)半蔵門にある中華料理の名店アイニンファンファンにおいて、31部57名(友好団体の応援団を含む)の参加を得て開催しました。

代表者会議


和田常任幹事の進行により開会、村口代表から開会の挨拶において、同志社から来年の東京オリンピック・パラリンピックを目指すアスリートが17名いること、本年の関東同志社スポーツユニオン総会では同志社のオリンピアンによるトークショーを予定しており奮って参加いただきたい旨のお話がありました。つづいて大河常任幹事から2018年度決算報告、2019年度予算案説明があり満場一致で承認をいただきました。

八木幹事長からは、1年間の活動報告がなされました。現役応援は日本拳法部、卓球部、ボート部、陸上競技部、体操競技部、ハンドボール部、アメリカンフットボール部の応援を行ないました。今年の活動方針としては、アウェエーの地・関東で「声援」「支援」「後援」する!の指針のもと、同志社スポーツアトム、同志社東京校友会とも連携し活動していく旨説明がありました。また毎年輪番でのサポートクラブ制を敷いており、今年のサポートクラブ紹介がありました。

最後に、村上副幹事長から応援グッズの紹介と協力依頼があり、無事すべての議事が終了しました。

懇親会


和田常任幹事の進行のもと、サポートクラブを代表して自動車部の梶川さん(H28)の乾杯により開会、今回は卒業後2~3年の若い世代から参加があり、年代や部を超えて活発な交流が行われました。途中サポートクラブの皆様から各部の近況報告をいただきました。懇親会中、応援グッズが飛ぶように売れ完売となりました。ご協力ありがとうございました。桐山副代表による中締めの挨拶、友好団体である応援団 藤田さん・矢崎さんによるDoshisha Heroes、カレッジソング・チアーと続き10月27日総会での再会を約束し、散会となりました。

ご出席依頼


関東同志社スポーツユニオン総会
令和元年10月27日(日)於:学士会館

同志社のオリンピアンを招いてトークショーを予定しております。
各部OB OGをお誘いあわせ上、ご参加ください。
関東同志社スポーツユニオン  仙元 剛(1987年卒 レスリング部OB)

2019_0718_10.jpg 2019_0718_11.jpg
村口代表挨拶

2019_0718_12.jpg
自動車部 梶川様 乾杯のご発声

関東同志社スポーツユニオン副代表 増田 泰彦(S57商卒・陸上競技部)

【馬術部】「第54回関西学生賞典障害馬術大会」で団体優勝!

| トラックバック(0)
個人でも武道芙紀(スポ健1)&シロッコプラダがジャンプオフを制して優勝!
開催:令和元年7月14日(日)  (於)三木ホースランドパーク(兵庫県三木市)

前夜の雨で足下が悪い中、競技は8時に開始された。

同志社の一走目は田中蒼(商3)。騎乗するBIZザミーラは昨秋の全日本学生を故障で欠場し、今春の全関西学生でも完全復調とは言えない状況で本競技に臨んだが、最小限のミス<2落下、減点8>に止め役目を果たした。

2走目は高橋勇人(スポ健2)とスフィーダは安心できるコンビ。中間点での1落下は残念だったが<1落下、減点4>でゴールした。3走目の武道芙紀(スポ健1)とシロッコプラダは入部未だ3ヶ月...の懸念を払拭する落ち着いた走行で見事<減点0>でゴール。4走目の中村優太(商4)とジペット・ディ・グラルは初コンビでの試合であったが無難に乗りこなし<2落下、減点8>でゴールした。残り1頭を残す強豪の関西大学は、この時点迄でミスが相次ぎ 3年振りに同志社の団体優勝<総減点-12(上位3頭の減点合計)>が決定した。

関西大学の最終走 中村選手とカリエーレは華麗な走行で<減点0>でゴールし、個人優勝は武道芙紀(同志社)と中村選手(関大)のジャンプオフで争う事となった。春の全関西MB障害でもこの二人の決戦であったが中村選手の勝利。先行の武道はビックリするような落ち着きで経路をとりミス無く<減点0>でゴールし、後行の中村選手にプレッシャーをかける。中村選手はより最短の経路を取らざるを得ず無理をしたか2落下を喫し、武道選手の優勝が決まった。2010年の松波智香以来9年振りの個人優勝。

(尚この競技において、1回生選手の優勝は54回大会中 4人目の快挙でもあります)
ここまでの同志社は、春の全関西学生で5連覇を逸し、関西学生総合馬術でもチームを組めないという状況であったが、本大会では久しぶりに"障害 同志社!"の面目躍如、個人優勝並びに団体優勝を果たす事が出来た。

個人成績


                   障害減点   ジャンプオフ   個人成績
武道芙紀(スポ健1)シロッコプラダ     0      減点0     優勝
高橋勇人(スポ健2)スフィーダ      -4             5位入賞
中村優太(商4)  ジペッド・デ・グラル  -8             7位
田中蒼 (商3)  BIZザミーラ     -8             8位
高橋勇人(スポ健2)ミキノテータイム    棄権

団体成績


         チーム減点
1位 同志社大学  減点12
2位 関西大学   減点16
3位 甲南大学   減点34
4位 京都産業大学 減点43
6位 立命館大学  減点55

2019_0718_1.jpg
同志社1走目の田中蒼とBIZザミーラ

2019_0718_2.jpg
2走目の高橋勇人とスフィーダ
2019_0718_3.jpg
3走目の武道芙紀とシロッコプラダ

2019_0718_4.jpg
4走目の中村優太とジペット・ディ・グラル

2019_0718_5.jpg
ジャンプオフを制し優勝の武道芙紀

2019_0718_6.jpg
選手・指導陣・応援団で喜びの記念写真
乗馬は個人優勝の武道芙紀・5位入賞の高橋勇人
応援団には体育会会長の中谷内先生ご夫妻、健蹄会の石井利明前会長や東京から駆けつけたOBOGも
指導陣の市村総監督、本田監督、品川・田中・縄田各コーチも勢揃いして喜びを分かち合いました。

同志社健蹄会理事長 山崎雅俊

【ソフトテニス部】上岡・三輪ペア、西日本学生選手権2連覇!

| トラックバック(0)
令和元年7月5日(金)~7月9日(火)にかけて、梅雨のはっきりしない空の下、鳥取市コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパークを中心会場として、令和元年度西日本学生ソフトテニス選手権大会がおこなわれ、男子選手権で上岡俊介・三輪惇平ペアが優勝しました。

昨年も、この二人で西日本学生選手権に優勝しており、上岡・三輪ペアとして2連覇、平成最後の西日本チャンピオンであり、令和最初の西日本チャンピオンにもなりました。同一ペアとしての2連覇は、西日本学生では3ペア目、同志社大学としては初めての2連覇です。さらに、両名は昨年が1・2年、今年が2・3年という事で、来年は前人未到の3連覇に挑むことも可能です。

来月、8月5日~8月10日には岩手県盛岡市で全日本学生選手権がおこなわれます。この勢いを駆り、全日本インカレでも優勝を期待したいと思います。

主な対戦成績は、以下の通りです。

・2回戦   上岡・三輪④-1松幡・楠本(大市大)
・3回戦   上岡・三輪④-1佐藤・守谷(中京大)
・4回戦   上岡・三輪④-0小副川・山口(福岡大)
・5回戦   上岡・三輪⑤-0大塚・熊本(立命館) ※5回戦から9ゲームマッチ
・6回戦   上岡・三輪⑤-0新居・二滝(天理大)
・準々決勝  上岡・三輪⑤-4花岡・飯田(関西大)
・準決勝   上岡・三輪⑤ー0安福・末吉(福岡大)
・決勝    上岡・三輪⑤ー2草野・伊藤(中京大)

2019_0718_01.jpg 2019_0718_02.jpg 2019_0718_03.jpg 2019_0718_06.jpg
同志社大学体育会ソフトテニス部OB会 (担当:入試・IT部会・部員履修指導)
常任理事 多田 拓也
同志社スポーツユニオン常任理事
※昭和52(1977)年卒
【ボート部OB】7/6~7に埼玉県戸田ボートコースで開催の「第69回全日本社会人ボート選手権」男子シングルスカルで櫻間 達也OB(2019法卒)が、2位を4秒以上離して見事優勝した。

大学入学後ボートを始め、3回生でインカレ制覇を果たした櫻間OBのますますの活躍を期待したい。

■NTT東日本 Facebookページ

【空手道部】日露合同文化フェスティバルにて演武を披露しました

| トラックバック(0)
2019年5月31日~6月3日にサハリン州(旧樺太)において開催された「日露合同文化フェスティバル」に空手道部の女子団体形チーム(第62回全日本大学空手道選手権大会女子団体形競技準優勝チーム)が外務省在ユジノサハリンスク総領事館の副領事から直々に招待を受けて、演武を行いました。
招待に至った経緯としては、外務省在ユジノサハリンスク総領事館が日本側の出し物の一つとして日本伝統文化の武道(空手道)を検討していたところ、動画配信サイトで空手道部の女子団体形の動画を発見し、「日露合同文化フェスティバル」の一つのイベントとして、ぜひ現地のロシアの人々に披露いただけないかと連絡を受けました。本学の学生支援機構スポーツ支援課にも相談・了承を得て、オファーの承諾に至った次第です。
現地での演武は、ユジノサハリンスク市、アニワ市、ネヴェリスク市の3都市で演武を行い、普段の試合では味わうことのできない緊張感の中、団体形3人の一体感を大切に、満足のいく演武を披露することができました。観客の方々はとても喜んでくださり、日本の伝統文化である空手道という競技を少しでも多くの人々に知ってもらえた、良い機会になったと感じています。また、演武の披露だけでなく、ロシアの方々、またフェスティバルに出演していた様々な分野で活躍されている日本人の方々と関わることができ、とても貴重な経験をすることができました。
今回の貴重な経験を受けて、競技力の向上のみならず、日本文化の伝承や世界中の国々との懸け橋になれるように、また、今後もこのような機会を与えていただけるように頑張りたいと思います。

【同志社大学体育会空手道部オリジナルサイト】
http://www.do-karate.ne.jp/

【サハリン演武体験記 記事】
http://www.do-karate.ne.jp/topics/3131/

20190710_01.jpg
20190710_02.jpg 20190710_03.jpg 20190710_04.jpg 20190710_05.jpg 20190710_06.jpg

2019年度 同志社スポーツユニオンゴルフ大会 結果

| トラックバック(0)
日時 2019年5月18日(土)
参加者 20部1団体 92名

団体
優勝 應援團A(稲田秀一・三宅晃・堀田和彦)
準優勝 剣道部(川上薫・中桐照彦・山田穣)
3位 バドミントン部(豊原洋治・植谷敏雄・渡辺信宏)

個人
優勝 富田孝作(相撲部)
準優勝 三宅晃(應援團A)
3位 川上薫(剣道部)

レディース
優勝 髙屋由紀(スキー部)

ベストグロス賞
豊原洋治(バドミントン部)

2019_0612_01.png
開会式

2019_0612_02.png
集合写真

2019_0612_03.png
乾杯(北村名誉会長)

2019_0612_04.png
団体優勝(應援團A)

2019_0612_05.png
個人優勝(相撲部 富田OB)

2019_0612_06.png
カレッジソング

2019年4~5月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)

| トラックバック(0)
4月 4日
4/ 4、「報道ライナー」(関西TV 8ch)フェンシング部吉村美穂(スポ健4)、福崎監督出演(2/2) 音楽の殿堂「NYのカーネギーホール」にて小栗成男氏〔テノール歌手名:世歌勳(SEKAI)・1987卒ゴルフ部OBOG会長〕がコンサートを開催。ザンケイホール600席を埋め尽くす観客が世界中から駆けつけました。
高い志を持ち社会貢献活動も続ける小栗氏は今春、スポーツユニオン東海支部長へ就任されました。

4月 6日
4/ 6、関西学生野球4-2近大、4/5現在関西六大学軟式野球5勝、関西六大学準硬式野球2勝3敗1分け

4月15日
4/15、関西六大学軟式野球春季リーグ7-1 でリーグ8連勝!残り2試合、全勝優勝を目指す
4/14、関西学生ソフトボールリーグ女子 4-3 親和女子大、1次リーグ4連勝
4/13、関西セブンズ(ラグビー)フェスティバル2019、3年ぶり優勝。1回戦 19-14京産大、準決勝 摂南大 29-19、決勝 26-21 関学大

4月20日
4/20、関西学生野球対関大1回戦 3-1
4/19、関西六大学準硬式春季リーグ同志社は関大に次ぎ立命と共に2位。4/21関西選手権出場をかけプレーオフ 。
最優秀投手佐伯(スポ健1)、最多勝利投手佐伯、打率2位柴山(スポ健4)。ベストナイン 佐伯、小松(社3)。
4/19、関西学生卓球新人大会亀田(商2)ベスト8、 近藤(文情1)ベスト16
4/16、関西六大学軟式野球春季リーグ優勝 9勝1敗

4月22日
4/22、関西学生野球対関大3回戦 3-2 9回裏に2点、サヨナラ勝ち
4/19、関西六大学準硬式春季リーグプレーオフ6-5で立命大に勝ち、リーグ戦2位。5/13から始まる関西選手権出場決定 。
4/21、関西大学ラグビーAリーグ春季トーナメント1回戦 69-0 関学
4/21、関西学生フェンシング新人戦男子フルーレ3位 吉田(スポ健1)。
4/14、関西学生ソフトテニスシングルス選手権 今年ナショナルチーム入りの上岡(スポ健2)優勝

4月28日
4/28、関西学生ソフトボール春季リーグ戦女子 対太成学院大 1-0で勝ち、創部初の1部リーグ優勝を果たした。
1位同志社大、2位園田学園女子大、3位太成学院大
4/28、関西学生体操選手権(新体操の部)男子個人1位 堀(スポ健3) 。
4/28、ラグビー立命館大学90周年記念試合 47-21関西で勝利。平成最後の同立戦を制す
4/28、関西学生サッカーリーグ2部A 5-1 関西国際大、3連勝

5月 4日
5/ 4、関西学生ソフトテニス春季リーグ優勝、4連覇!
5/ 4、西日本学生トラック自転車競技 女子500mタイムトライアル・女子スプリント優勝松井(スポ健2)、男子スプリント2位末廣(商3)
5/ 4、春季関西学生ライフル射撃 10mARS60NW優勝山口(スポ健1)、2位工藤(経4)、3位佐藤(スポ健4)。
50m3×40W優勝 町田(商2)、3位阿部(スポ健4)
4/29、関西学生空手道個人選手権女子形優勝清水(スポ健4) 、3位宜保(スポ健3)

5月 8日
5/ 6、朝日レガッタ男子ダブルスカルA 2位、女子ダブルスA 2位、一般男子エイト2位同志社A、3位同志社B
5/ 6、春季全関西学生・女子学生ライフル・ピストル射撃選手権女子総合団体優勝、男子AP個人・BP個人優勝、二冠 山口(GR1)、女子エアライフル個人優勝 中口(スポ健4)学連記録更新、男子エアライフル個人優勝 柴原(経1)
5/ 3、関西学生馬術大会Lクラス障害飛越A 3位同志社C
5月 8日
5/ 9、女子棒高跳び 2位 坪井(心理3)
5/10、女子 100mH 2位 丸本(スポ健3)、男子三段跳び3位 林 (文情4)、男子砲丸投げ優勝 草野(文情1)、3位 榧垣(スポ健4)、男子十種競技優勝 別宮(スポ健4)総合得点7269点。2連覇を果たす

5月12日
5/12、京滋四大学ヨット定期戦 470級優勝同志社A、スナイプ級準優勝同志社A、総合優勝同志社
5/12、関西学生卓球リーグ女子3位
5/12、関西学生 アーチェリーリーグ男女ともに準優勝
5/12、関西学生フェンシング春季リーグサーブル男女ともに準優勝、王座出場へ 。新人戦優勝 成田(スポ健1)
5/11、西日本学生相撲新人戦団体準優勝
5/11、京都学生弓道選手権女子団体優勝

5月21日
5/21、春の叙勲で田渕和彦名誉教授・監督会名誉顧問が瑞宝中綬章受章
5/19、関西学生陸上対校選手権(優勝のみ) 男子3千SC山田(スポ健4)、男子400H都(経4)、女子1万競歩外所(同女3)
5/18-19、関西学生チャンピオンシップ水泳(優勝のみ)  女子400メドレーR、男子800フリーR
女子50自由・100自由石井(スポ健3)、女子100バタフライ安達(文情4)、女子100平泳・200平泳阿部(経4)
男子200個人メドレー尾崎(スポ健4)、男子400自由岡本(商1)、男子200平泳溝渕(スポ健3)

5月25日
5/18、OWSオーシャンズカップ2019(世界水泳選手権代表選考会)で山本美杏(スポ健1)が5位入賞。
OWS(オープンウオータースイミング)は海や川・湖など自然の水の中で行われる長距離水泳競技で、東京オリンピックでも正式競技となる。

5月31日
5/30、西日本学生体操選手権(新体操の部)男子個人優勝堀(スポ健3) 2連覇。
5/26、全関西学生運転技能選手権男子団体優勝
5/26、西日本大学空手道選手権女子団体組手優勝 瀬戸口稀(文情4)、尾立(商3)、瀬戸口文(文情2)、2連覇
5/26、関西学生ソフトテニス選手権優勝 上岡(スポ健2)・三輪(商3)
5/26、京都ラグビー祭 35-36 京産大
5/21、関西学生ゴルフ男子春季1部校学校対抗戦2位 全国大会出場へ

同志社大学名誉教授 田淵和彦先生が「瑞宝中綬章」を受章

| トラックバック(0)
5月21日に発表された春の叙勲で、同志社大学名誉教授・同志社大学体育会監督会常任顧問 田淵和彦先生が世界のスポーツ界、大学教育での長年のご功績を称えられ、このたび栄えある「瑞宝中綬章」を受賞されました。心から御祝い申し上げます。

田淵先生は同志社大学商学部に入学後フェンシングを始められ、1960年卒業、その年開催されたローマオリンピックに出場され活躍されました。その後、同競技の強化指定選手として2年間フランス国立スポーツ研究所へ留学、競技力を高められ、1964年に東京オリンピックに出場、男子フルーレ団体4位入賞という輝かしい成績を残されました。
その後、田淵先生は指導者として常に「どうすれば強くなれるか」を探求され、科学的観点からフェンシング競技の研究を重ね、後進の育成に尽力され、同志社大学では多くの優秀な選手を育て、多くのオリンピアンを輩出されました。その中でも太田雄貴氏は2008年北京オリンピック個人銀メダル、2012年ロンドンオリンピック団体銀メダルと日本のフェンシングの歴史を塗り替え、現在は公益社団法人日本フェンシング協会会長、国際フェンシング連盟副会長として日本フェンシング界を牽引されています。

田淵先生の今後ますますのご活躍と引き続き同志社スポーツ後進へのお導きを何卒宜しくお願い申し上げたいと存じます。
同志社スポーツユニオン会長 豊原 洋治
理事長 藤原 卓也

2019_0607_02.jpg

応援メッセージ(八田総長)

| トラックバック(0)
応援メッセージ


同志社スポーツユニオンの皆様におかれましては、人格形成を担う教育者の一員として、常日頃から学生指導及び同志社スポーツの発展に多大なるご貢献・ご尽力を賜り、心より御礼申し上げます。
同志社の良心教育においては、知・徳・体を調和させることは重要な課題であり、同志社スポーツユニオンが提唱されている同志社スポーツの3F精神(Fair Play,Friendship,Fighting spirit)は、現役のみならず現役後の生活においても実践されるべき重要な精神です。フェアプレイ精神やチームメイトあるいは対戦相手との友愛は、試合の場を離れても維持されるべきですし、勝ち負けのみならず、挫けず、恐れず、どんな苦難にあってもあきらめない心を育むことが社会生活においても重要だからです。このような人格形成ができるのも、自主性と創意工夫を重んじるクラブ作りを目指し、日々の厳しい練習に耐え、たゆまぬ努力を続けている部員とともに、時に厳しく、時に深い愛情を持って部員への指導・支援を続けてくださる、ユニオンの皆様のお力添えがあってこそであると思います。
2020年には、東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。この開催を、更なるきっかけの場として、同志社スポーツそしてその精神がより広く社会に認知され、理解されることを願っており、今後とも変わらぬご支援をいただければ幸いに存じます。
結びに、今後の同志社スポーツユニオンの更なるご発展と、関係各位のご多幸を心より祈念いたします。

学校法人同志社
総長・理事長 八田 英二
P_hatta.jpg

月別 アーカイブ