トップページ > トピックス

以下は、ボート部のSNSに掲載された本人のコメントです。
「今回の大会を通じて、自身にとっても、日本のボート界にとってもフィジカル強化は早急に取り組むべき課題であると再認識致しました。1年1年地道ではありますが、少しずつ世界との距離をちぢめて参ります。ご声援ありがとうございました」

2020_0219_1.jpg
2018年度同志社スポーツユニオン祝勝会で

2019年11~12月『同志社スポーツ』(HPトップページ掲載記事)

| トラックバック(0)
11月3日
11/3、全国学生相撲選手権団体戦決勝トーナメントに進出、3位。
11/3、西日本フィギュアスケート選手権シニア男子優勝友野(スポ健3)。SP6位からフリー1位で巻き返した。13位の時國(商4)と共に12/19から全日本出場。
11/3、全関西学生ライフル射撃新人戦AR60W優勝𩜙平名(スポ健1) AR60 優勝柴原(経1) MIXD TEAM 優勝柴原・目羅(スポ健1) BPDS60MW 優勝山口(グロ地1)

11月6日
11/3、全日本学生賞典障害馬術競技大会MD障害準優勝
11/4、関西学生ラクロス女子リーグ10-9関学 見事関西優勝
11/4、全日本学生ヨット選手権 470級5位、スナイプ級2位、総合4位。
11/4、少林寺拳法全日本学生大会 女子初段の部3位 三浦(文3)・仲川(政策1)、女子三段の部3位稲垣(スポ健3)・山本(スポ健2)、女子団体の部3位
11/4、関西大学ラグビーAリーグ 24-21関学。後半35分に同点、39分に逆転勝利

11月14日
11/13、西日本大学軟式野球選手権 8-1中京学院大(夏の全国王者に勝利)
11/14、同 8-2沖縄大 準決勝へ
11/11、全日本学生フェンシング選手権 フルーレ個人ベスト8田中(経1)
11/14、同 男子団体サーブルベスト8 、女子団体エペベスト8
11/10、全日本大学空手道選手権女子団体形準優勝、男子団体形3位。女子団体組手ベスト8 、男子団体組手ベスト8 、西日本学生ショートトラックスピードスケート選手権男子1000m7位丸山(経2)

11月17日
11/16、西日本大学軟式野球選手権決勝 1-0 立命、見事優勝した)。
11/15、同 準決勝10-3 桃山学院教育大
11/16、GPシリーズフィギュアスケートロシア杯8位友野、自己ベスト更新
11/16、関西学生アイスホッケーリーグプレーオフ最終戦3-5 関大
11/16、関西六大学ソフトテニス秋季リーグ7-0京大、2-5関大、7-0神戸大
11/15、全日本学生フェンシング選手権女子サーブル団体ベスト8
11/10、準硬式野球ステップリーグ決勝 5-6関大。準優勝

11月28日
11/25、ソフトテニスジュニアジャパン杯U20男子ダブルス優勝 上岡(スポ健2)・福田(法政1)
11/24、全日本学生自動車運転競技選手権男子小型乗用B優勝辻田(文情2)、女子小型貨物2位川端(生命4)
11/24、関西学生氷上競技連盟選手権A級1部女子優勝籠谷(商1)、同団体2位(籠谷、藤、吉川)
11/24、近畿北陸学生ヨット秋季選手権470級1位、スナイプ級3位、総合3位 11/24 関西学生陸上ホッケー秋季リーグ男子3位

12月1日
12/1、全日本女子学生ラクロス選手権決勝6-10 立教。惜しくも準優勝
12/1、全日本学生拳法選手権男子3位決定戦で関大に勝ち3位
12/1、関西学生サッカーリーグ男子1部・2部A入替戦5-4 大産大、1部復帰
12/1、京都学生柔道段別体重別選手権初段の部準優勝鈴木(経1)
11/30、関西大学ラグビーAリーグ最終戦32-17 立命。5勝2敗で2位。全国大学選手権初戦は12/15(日)14時 筑波大と花園で。

12月9日
12/8、全日本学生居合道選手権男子団体準優勝、連覇ならず
12/8、全日本空手道選手権女子形3位 大野(H27スポ健卒)
12/7、少林寺拳法関西学生新人大会団体演武の部1位 同志社大学A 9連覇
12/7、「北村光雄名誉会長卒寿お祝い・連絡協議会」が京都ホテルオークラで開催
12/6、太田雄貴氏(H20商卒・日本フェンシング協会会長)IOC選手委員選挙立候補
12/1、ボードセイリング関西選手権第三戦団体準優勝、個人の部男子中村(政策3)総合優勝、レディース優勝芝原(文3)

12月15日
12/15、令和元年度六大学ソフトテニス王座決定戦4-3早稲田、今年最終戦で見事優勝
12/15、全日本学生チアリーディング選手権 応援団の部優勝、4連覇
12/15、全国大学ラグビー選手権3回戦 12-48 筑波大
12/15、関西学生体操競技大会男子個人総合2位藤綱(経2)
12/14、ラクロス女子チャレンジリーグ準決勝8-9立命大
12/14、関西学生アメフト1部、2部入替戦35-8 甲南。1部残留

12月23日
12/22、全日本フィギュアスケート選手権 友野(スポ健3)はSP11位から巻き返し4回転、3回転そして4回転と高難度なジャンプを次々と決め、表現力とキレのある会心の演技で観客を魅了しシーズンベスト更新の総合244.69点で6位入賞。一昨年4位、昨年4位からはジュニアの台頭で落としたが、「(力を)出し切れた」とうれし涙が止まらなかった。今季は3回の海外遠征、11月の西日本選手権はSP6位から逆転の優勝だった。世界選手権出場はならなっかったが次の目標に向かってガンバレ!
韓国ソウルで開催された同選手権、2/7のショートプログラムで友野は88.22とこれまでの自己ベストを6点近く更新し7位に。
2/9のフリーでも自己ベストを6点以上更新し162.83をマーク。総合251.05で7位だった。最後までスピードの落ちない力強い演技で目標の250点を超えた。

■友野一希は自己ベスト251・05点で7位「可能性が見えた試合」
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/02/09/kiji/20200209s00079000296000c.html
(2/9 スポニチ Sponichi Annex)
男子エペ団体の表彰台は、初優勝した昨年3月のブエノスアイレス大会以来となる。
東京オリンピック2020出場を目指す日本は、出場権獲得に向け、3/20~22開催のW杯アルゼンチン大会に挑みます。

福崎諭フェンシング部監督から宇山OBへのコメント
「宇山、銅メダルおめでとう! 五輪レースも終盤を迎え、あと1歩頑張れ!」

■フェンシング男子エペ バンクーバーワールドカップ 団体戦で銅メダル獲得
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000028.000039246&g=prt
(時事通信WEB)

2020_0219_01.jpg
前列左から2人目 宇山OB

2020_0219_02.jpg
後列右 宇山OB

2020_0219_03.jpg
試合 左が宇山OB

写真提供:宇山 賢OB

2019年度同志社スポーツユニオン 総会・祝勝会 開催

| トラックバック(0)
1月25日(土)、京都ホテルオークラにて、2019年度同志社スポーツユニオン総会、祝勝会が開催されました。

総会には体育会各部の監督、コーチをはじめ各部OB・OG会役員等、228名が出席し、監督会、各支部、各委員会より本年度の取り組みについて報告が行われました。体育会各部の強化や学生支援について、活発な意見交換がなされました。
総会に続いて行われた祝勝会は、本年度活躍された学生、OB・OGを讃えるとともに、日頃お世話下さっている監督・コーチの労をねぎらい、感謝申し上げるために、毎年行われています。
本年度も、立命館スポーツフェロー、関西大学体育OB・OG会、関西学院大学体育会同窓倶楽部、甲南摂津会の役員の方々はじめ、八田英二総長・理事長、松岡敬大学長ほか多数の大学関係者、体育会各部学生および監督・コーチ、OB・OG会長、OB・OG、校友会等大学卒業生組織、学内諸学校関係者、報道関係者など800名を超える方々が一堂に会し、戦績優秀団体、優秀者の栄誉が讃えられました。

同志社大学キリスト教文化センター所長 横井和彦先生の聖書朗読とご祈祷で会はスタートしました。
最初に豊原洋治同志社スポーツユニオン会長の「本年はいよいよ東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。現在、各競技とも、代表選考の佳境を迎えており、候補者は最後の戦いにむけて取り組んでおられることと思います。同志社から一人でも多くの出場者が出ることを祈っております。同志社スポーツユニオンは昨年65周年を迎えましたが、今後も皆さんとともに頑張ってまいります。」との主催者挨拶で祝勝会が始まりました。

ご来賓を代表してはじめに、八田英二総長・理事長からご挨拶がありました。「選手、団体、監督に心よりお喜びを申し上げる。受賞される方には周囲への感謝の気持ちを新たにして頂きたい。1月23日は新島襄の永眠記念日。新島は臨終に際し、10か条の遺言を残した。このうち2つは学生に関するもので、私ども教職員はこの新島の想いを受け継ぎ、同志社教育にあたってきた。ここに集まられたお一人お一人は同志社教育の成果。同志社のスポーツを通して同志社教育を受け、同志社人として羽ばたこうとしておられる皆さんを見ると、これほど大きな喜びはない。同志社教育の成果を、これからスポーツ界において、また社会において大きく輝かせていただくことを祈っている」とのお祝いの言葉をいただきました。
続いて松岡敬大学長から「本日表彰される選手の皆さんの日頃の努力に敬意を表し、お世話いただいている各部の部長先生、監督、コーチならびにこの機会を作ってくださったスポーツユニオンの皆さんに感謝を申し上げたい。昨年、大学では同志社スポーツ憲章を策定した。スポーツを通した人格形成を掲げ、みなさんの成長を支援し、社会に貢献できる人物を輩出する、という大きな目標のもと、策定した憲章である。各部においても一人ひとりが、スポーツを通して自分がどのように成長していくか、ということをこの表彰の日に心に刻んでいただきたい」とのご祝辞をいただきました。来賓ご紹介の後、樋口浩三監督会幹事長より本年度優秀団体・優秀個人・新人の戦績紹介と表彰・記念品授与が行われました。本年は優秀団体賞として20部、優秀個人賞として39名、新人賞として22名3団体、優秀監督賞として21名が表彰され、会場から大きな拍手が贈られました。また、應援團チアリーダー部に特別賞が授与されました。
次に藤原卓也理事長から、特別顕彰者8名、叙勲・褒章等受章者、各種スポーツ表彰者の方々の功績の紹介と、表彰が行われ、それぞれの栄誉が讃えられました。
その後、上田雅弘学生支援機構長・学生支援センター所長より「スポーツ競技で大切なことは日常の鍛錬であることは間違いないが、運が大きく作用することがある。運は人の縁で開くもの。人との縁やお世話になった人の恩を大切にする、このことは人生においても大切なこと。学生の皆さんには運、縁、恩を、仲間や支えてくれる人を、大切にして成長していってほしい」とのご挨拶と乾杯のご発声で、宴に入りました。

歓談中、北村光雄名誉顧問から激励のお言葉をいただき、続いて、東京オリンピック・パラリンピックを目指すアスリート として活躍が期待される、アーチェリー部OBの上山友裕さん(平成22年商学部卒/東京パラリンピック代表内定)・現女子リーダーの安久詩乃さん(心理学部3回生)、また歴代オリンピック出場者として、ボート部OBの新井喜範さん(昭和45年商学部卒/メキシコ大会出場)・アーチェリー部監督の道永宏さん(昭和54年商学部卒/モントリオール大会出場) ・水泳部監督の樋口浩三さん(昭和54年文学部卒/モントリオール大会出場)にご登壇いただき、今後にむけての決意や、激励の言葉をお聞かせいただきました。

続いて、体育会本部石原啓亨委員長が学生を代表して御礼の言葉を述べました。

祝宴の最後にあたり、應援團、チアリーダー部の演舞演奏が会場をわかせてくれました。第112代鹿島力太郎團長のリードのもと一同カレッジソングを斉唱、同志社チア-で2020年の同志社スポーツの活躍を祈念しました。

最後に大日常男OBOG会長会議議長から「本日の祝勝会に多数のご出席をいただきお礼申し上げます。来年の祝勝会では、今年以上の戦績、また多くのオリンピック・パラリンピック出場者の結果を報告できるよう、選手の皆さんの活躍を期待しています」との閉会の言葉で、会は締めくくられました。

2020_0210_01.jpg 2020_0210_2.jpg
横井和彦キリスト教文化センター所長祈祷 豊原洋治会長主催者挨拶
2020_0210_3.jpg 2020_0210_4.jpg
八田英二同志社理事長・総長祝辞 松岡 敬同志社大学長祝辞
2020_0210_5.jpg 2020_0210_6.jpg
優秀団体賞表彰 優秀個人賞表彰
2020_0210_7.jpg 2020_0210_8.jpg
新人賞表彰 顕彰者表彰
2020_0210_9.jpg 2020_0210_10.jpg
上田雅弘同志社大学学生支援機構長・学生支援センター所長乾杯 会場風景
2020_0210_11.jpg 2020_0210_12.jpg
北村光雄名誉会長激励 上山友裕リオ五輪(2016年)・東京五輪(2020年)アーチェリーパラ五輪代表
2020_0210_13.jpg 2020_0210_14.jpg
安久詩乃東京五輪(2020年)アーチェリー候補(心理3) 新井喜範メキシコ五輪(1968年)ボートエイト代表
2020_0210_15.jpg 2020_0210_16.jpg
道永 宏モントリオール五輪(1976年)アーチェリー銀メダリスト 樋口浩三モントリオール五輪(1976年)水泳100m自由形代表
2020_0210_17.jpg 2020_0210_18.jpg
石原啓亨体育会委員長挨拶 應援團演舞
2020_0210_19.jpg
大日常男スポーツユニオン副会長・OBOG会長会議長閉会のことば


同志社スポーツユニオン編集局
写真提供:同志社スポーツアトム編集局

2015年創設のキッズ~社会人の一貫レスリングクラブ「同志社クラブ」は小泉円OB(H3法卒・同志社女子大学職員)が代表を務め、レスリング部道場で練習している。昨年7月の全国少年少女選手権女子3年生28kg級で全国2位の選手を輩出した。5年かけて「やっと形になってきました」「負けても頑張れる子をつくりたい」と語る小泉OBの闘いはまだ始まったばかりだ。

日本レスリング協会公式サイトに記事が掲載されましたので、ご覧ください。

【特集】大学と地域社会の連携で創設、キッズ~社会人の一貫クラブ「同志社クラブ」(小泉円代表)
https://www.japan-wrestling.jp/2020/01/22/157381/

同志社スポーツユニオン副理事長・レスリング部
仙元 剛
日本チームが世界新記録樹立、アンカーに朝原宣治OB(H7商卒)出場

【京都新聞WEB】メダリスト朝原さん、マスターズで世界新樹立 男子400継、アンカーで快走
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/94022
11月22日(金)~25日(月)に、宮崎市でおこなわれた第14回ジュニアジャパンカップU20において、ソフトテニス部2年の上岡俊介(スポーツ健康科学部)が、ダブルス優勝、シングルス準優勝の成績をおさめました。

ダブルスは、日本ナショナルチームとして指定により福田成海(法政1・東北髙卒)選手と組んで出場し優勝。シングルスは、順当に勝ち進んだものの決勝で高校時代のペアである広岡選手(NTT中国)にファイナルの接戦の末、惜敗、準優勝でした。

2019_1202_01.jpg
プレー中の上岡選手

2019_1202_02.jpg
U20ダブルス優勝。右側が上岡選手

2019_1202_03.jpg
シングルス1~3位。中央が上岡選手

2019_1202_04.jpg
ダブルスのプレー中の上岡選手

2019_1202_05.jpg
ダブルスのプレー中の上岡選手

ソフトテニス部OB会 多田拓也

2019年9~10月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)

| トラックバック(0)
9月 2日
8/31、「田淵和彦先生瑞宝中綬章受章をお祝いする会」開催
9/ 1、全日本ジムカーナ男子個人タイム4位廣田(GC4)
9/ 1、関西学生空手道オープン女子個人形ジュニア優勝福西(スポ健1)、男子個人形優勝津田(スポ健4)
9/ 1、西日本学生バドミントン女子団体3位
8/29、関西学生アーチェリーフィールド男子優勝大隅(社3)、女子優勝池谷(心理3)
8/27、全日本学生新体操男子 堀(スポ健3)種目別ロープ3位、クラブ3位、リング3位

9月 7日
9/ 7、秋季全関西学生ライフル射撃選手権 R3X40優勝町田(商2)、ARM10M60S優勝柴原(経1)
8/26~31、第1回アジアジュニアソフトテニス選手権(フィリピン サンホセデルモンテ市開催)
上岡俊介(スポ健2)はU21ダブルスでNTT中国の広岡選手と組み、U21男子ダブルス初代チャンピオンに輝いた

9月10日
9/10、関西六大学軟式野球リーグ 8-7甲南7連勝、西日本大会へ
9/ 8、全日本大学ボート選手権男子舵手付フォア優勝(藤森・山田・中野・黒須)
9/ 8、オックスフォード盾レガッタ男子エイト優勝NTT東日本〔櫻間(2019法卒)出場〕
9/ 8、秋季全関西学生ライフル射撃選手権10mBPOS60m優勝佐藤(スポ健3)
9/ 8、全日本学生ヨット選手権個人戦スナイプ級準優勝松尾(心理4)・大前( 経3)、470級準優勝平井(社2)・藤原(心理4)

9月15日
9/14、日本学生陸上競技対校選手権 男子十種4位別宮(スポ健4)
9/13、同 女子10000m3位外所(同女3)、4位杉山(スポ健4)
9/11、日本陸連は世界選手権(27日~ドーハ)5000m日本代表追加に田中希美(スポ健2)を選出
8/16、U-19男子世界ユースハンドボール選手権日本代表GKに石濱(文情2)、過去最高の9位。

9月20日
9/16、近畿北陸学生ヨット選手権470級1位、スナイプ級1位、総合1位。
470級平井(社2)・東(政策3)・辰尾(心理3)、藤野(商4)・藤原(心理4)、スナイプ級
飯尾(政策4)・小林(社会4)、松尾(心理4)・大前(経3) 以上4チームがインカレ出場。
9/16、関西学生野球秋季リーグ1ー0 関学.今季初勝ち点。
9/15、ロンバルディア杯フィギュアスケート男子シングルス友野(スポ健3)7位
9/14、関西学生ソフトテニス秋季リーグ優勝。春秋連覇

9月22日
9/22、関西学生剣道優勝大会男子準優勝。インカレ出場決定
9/21、関西大学対校テニスリーグ女子一部昇格
9/19、関西六大学軟式野球秋季リーグ0-7立命。2位で終えるも西日本大会でリベンジ誓う
9/13、ワールドラグビーは2019年の殿堂入りメンバーを発表、日本ラグビーフットボール協会元会長の金野滋OB(1947法卒)を選出。同志社から殿堂入りは坂田好弘OB(1965経卒)に続き2人目

9月26日
9/23、全日本女子学生ヨット選手権スナイプ級優勝東田(法4)・三浦(スポ1)、同志社は総合2位
9/22、関西学生ボードセイリング選手権第2戦団体準優勝 中村(政策3)・新矢(商2)・松原(商3)
9/ 2、日本シニア男子ゴルフオープン選手権優勝 谷口徹OB(H2商卒)、シニアツアー初勝利。
9/19、全日本フェンシング選手権女子エペベスト16 吉村(スポ健4)

9月29日
9/25、カタールのドーハで開催中の世界陸上女子5000mに田中希美選手(スポ健2)が出場。
田中選手は陸上競技部ではないが、京田辺の陸上競技場で練習、陸上競技部員がエールを送る。
5000m予選は日本時間10月3日(木)0時25分から

10月 3日
10/3、カタールのドーハで開催の世界陸上女子5000m予選で、田中希美(スポ健2)が自己ベストを11秒以上更新し日本歴代3位の15分4秒66で全体の12位、決勝進出。
東京五輪参加標準記録(15分10秒00)も突破。決勝は10/6(日)3時25分~

10月 6日
10/6、世界陸上女子5000m決勝で田中(スポ健2)は14位、自己ベストを更新して15分00秒01の日本歴代2位の記録をマークした。
10/5、茨城ゆめ国体成年男子陸上競技400mH準優勝都(経4)

10月 8日
10/6、日本拳法龍峰杯優勝大会男子段外の部優勝大野(法4)。2ヶ月前に柔道部から入部、公式戦初出場での快挙
10/6、全関西空手道選手権男子団体形優勝 舟久保(商4)、藤田(スポ健4)、津田(スポ健4)、上山(スポ健1)、女子団体形優勝 宜保(スポ健2)、小久保(スポ健1)福西(スポ健1)、岩本(スポ健4)
女子団体組手準優勝
10/6、近畿フィギュアスケート選手権男子シングル3位友野(スポ健3)、女子シングル3位籠屋(商1)
10/6、ラグビー対慶應定期戦 17-33

10月19日
10/18、関西学生フェンシング選手権 女子サーブル個人優勝 植村(スポ健2)、男子フルーレ団体3位
10/17、関西六大学準硬式野球秋季リーグ8-0 立命大(コールド勝ち)。
(個人賞)最多奪三振投手 佐伯(スポ健1)、打率3位 小松(社3) 最多打点賞 佐藤(社3) ベストナイン 小松(社3)
10/12、秋季関西学生ソフトボールリーグ女子3-2 立命大 2部優勝、1部昇格へ

10月22日
10/19、全日本新体操選手権男子個人3位 堀(スポ健3)
10/20、同 種目別決勝 スティック3位 堀(スポ健3)、クラブ3位。
10/19、関西学生フェンシング選手権 男子サーブル団体準優勝、女子エペ団体準優
10/20、女子サーブル団体準優勝、男子エペ団体優勝。
10/20、同明ラグビー定期戦 21-57明治
10/19、ソフトボール部男子2部全勝優勝、1部昇格

10月25日
10/14、全日本学生スポーツ射撃女子総合団体2位、男子同3位。
10/18、同 男子AP60優勝山口(1)、2位工藤(商4)
10/23、同 女子AP60W3位 國松(文情2)
10/19、GPシリーズフィギュアスケートアメリカ 友野(スポ健3)今季ベストをマークし5位 
10/19、関西学生バレーリーグ男子3位
10/17、関西学生ハンドボール男子3位
10/13、関西学生ハンドボール女子創部以来初の1部2位 

10月28日
10/27、西日本学生居合道選手権 選手権の部ベスト4 上田(法3)、吉岡(グロ地3)
10/27、関西学生ソフトテニス新人大会優勝 上岡(スポ健2)・林(商2)
10/26-27、西日本学生レスリング選手権グレコ67kg級優勝岩本(商4)、79kg級準優勝増野(文3)
70kg級優勝佐長(スポ健1)
10/20、全関西学生ダートトライアル選手権女子個人タイム1位宮岡(理工2)、
男子個人タイム3位廣田(GC4) 団体女子1位、男子3位

10月27日、関東同志社ユニオン総会開催

| トラックバック(0)
10月27日、学士会館(東京都)にて行われた、第16回関東同志社スポーツユニオン総会。関東地方を中心に各地から同志社スポーツのOB・OG、46部178名が集い、憩いのひと時を過ごした。
まずは村口関東同志社スポーツユニオン代表の開式の挨拶を皮切りに、1年間の活動報告が行われた。主に行われたのが現役選手たちの応援だ。先日行われたラグビー部の慶大との第102回定期戦を筆頭に、関東地方で行われた試合や大会に出向き、声援を送った。そのほか、総会に向けた会議を重ねるなど、同志社スポーツの発展のために努めた1年であった。
続いて総会のメインイベントである講演会が行われた。今回は兵藤和行氏(ヨット部OB)、杉浦正則氏(硬式野球部OB)、長畑弘伸氏(水泳部OB)、我孫子智美氏(陸上競技部OB)ら4名が参加。インタビュアーの質問に対し、快く答えた。
兵藤氏はセーリング界でその名を知らぬ者がいないというほどの実力者。杉浦氏は「ミスターアマ野球」として五輪通算5勝を挙げ、世界記録を保持している。長畑氏は今回の登壇者で唯一、在学中に五輪出場。その後スランプに陥ったが、見事克服しインカレで優勝したという過去を持つ。紅一点の我孫子氏は高校時代の恩師のもとで練習を積み、数々の成績を残した。
4人の五輪経験者の語りに、会場は時に笑い時に驚き、実りのある素晴らしい時間となった。いよいよ来年は、東京で五輪が開催される。同志社から一人でも多くの選手が出場し、活躍することを願うばかりだ。

同志社スポーツアトム編集局 上野 孝輔


2019_1113_01.jpg
村口和夫関東同志社スポーツユニオン代表 開式挨拶

2019_1113_02.jpg
講演会右から兵藤氏、杉浦氏、長畑氏、我孫子氏、三上コーディネーター

2019_1113_03.jpg

月別 アーカイブ